特徴

欲求フォーカス型セルフコーチングの特徴

①感情とそのおおもとにある欲求に注目する

外側に起こっている行動や言葉ではなく、自分の内側にあるものに目を向けます。

②感情と欲求の理解を通じて自己理解を深めることができる

他者の持つ基準ではなく、自分自身がどんな感情や欲求を持っているかを知ることができるため、自分自身に対する理解が深まり、自分との信頼関係も強くなります。

③他者への具体的なリクエストとしてアプトプットすることができる

現在起こっている不満や不安を解消するために、具体的なリクエストとして落とし込むことで、状況を改善するためのアクションをアプトプットすることができます。

④他者の欲求を理解することにも活用することができる

自分自身の感情や欲求についての理解が進むと、他者の感情や欲求に耳を傾ける余裕が出てきます。またこのプロセスをそのまま他者に活用することもできます。

欲求フォーカス型セルフコーチングが有効な場面

①他者とのコミュニケーションが上手くいかないとき

なんだかすれ違っているかな、上手くいかないななど「心のすれ違い」を感じたときに活用することができます。

②「分かってもらえない」と感じるとき

「分かってもらえない」と感じるとき、自分でも何が分かってほしいのか分かっていないということが多くあります。まずは自分の欲求について自分で理解をすることで、それをどうやって満たすことができるか、具体的に考えることができるようになります。

③感情の処理がされずエネルギーの無駄遣いが起きていると感じるとき

感情や欲求を押し込めると、それによって表面上上手くいくこともありますが、「押し込めるエネルギー」が使われてしまっています。「なんだか疲れる」などは、本当は大事にしたいことが満たせていないというサインです。

④攻撃的にならずに相手にリクエストをしたいとき

相手に対する不平不満をぶつける形では、コミュニケーションが攻撃的になり相手との関係も分断されてしまいます。自分の欲求と、それを解消するための具体的な行動に焦点を当てることで、選択可能なリクエストとして相手に伝えることができるようになります。

⑤押し付けでもなく譲歩でもなく第三の案をつくりたいとき

私たちは普段、表面的な意見の食い違いに対して、押し付けや譲歩を行なっているということが多くあります。意見のもとにある欲求に目を向けることで、お互いの欲求を満たす第三の案を検討することができるようになります。