このBookletの使い方

セルフコーチングの5つのモデルについて、全て ・概要:慣習的な思考パターンと、モデルを活用したときに起こる変化 ・特徴:モデルの特徴・活用するのに有効な場面 ・構造:モデルを活用したセルフコーチングの流れ・4つのステップ ・質問:4つのステップそれぞれに対する5つの質問 ・限界:対応が難しいこと

という構成になっています。 5つのモデルはどれから順番にご覧いだいてもいいようになっていますが、認知度の高いもの・初心者でも活用がしやすいものから順に並んでいます。 また5つのモデルの関係については最後に説明をしています。 ▼全体像を知りたいという方は先にこちらをご覧ください▼

今のご自身の状況や直面しているテーマに合わせて、モデルを参照・ご活用いただければと思います。 尚、こちらはいただいたご質問等をもとに随時アップデートしておりますので、再読される際はリロードを行うことをおすすめします。