構造

欲求フォーカス型セルフコーチングでは自分の持っている感情と欲求に注意を向け、他者との建設的な関わりをするための選択を後押しします。

欲求フォーカス型セルフコーチングの流れ

①観察をする

評価や判断をせず、実際に起こっていることを観察する。

②感情を見つける

予測ではなく、まずは感覚をしっかりと感じる。 その上で、その元になっている感情を見つける。

③欲求を見つける

相手に対する文句や期待ではなく、「自分は何を必要としているのか」を見つける。

④要望を明確にする

相手に強要するのではなく、自分の要望として相手が選択・行動可能なことを明確にし、相手に伝える。